真夜中のせんたく



【著者】永島慎二

【発行】創樹社美術出版

【発行年】昭和58年初版

【本の状態】可
全体的なヤケ、紙魚汚れ、カバー端の傷み、
背上部のヤブレなど
経年に伴う傷みが見られます。
落丁などはなく読むのに問題のない状態です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

【その他】絶版
「わたしは歩くみちの左右に、
今まで夜に捨てた僅かな悲しみたちが
色とりどりの花となって咲いている。
そして怠惰な風に吹かれてふるえるようにゆれている。

わたしはあとどれほどの季節を
生きて行くのだろうか?

夕暮れにセンタクしておいた、
わたしの夜が、夜に谺して、
夜になってから冴えはじめた。」

漫画家・永島慎二氏が雑誌『陶』、
『新日本文学』『ザ・テレビジョン』などに
書きおろした随筆、漫画を集めた作品集。

永島慎二さんの心のひだに触れるように
静かな夜に濃いコーヒーと一緒に読みたくなる一冊です。

+もくじ+
若者たちの季節
阿佐ヶ谷日記(挿画『旅人くん』)
ちょっといっぷくヒトコマ
読切漫画シアター
堕落した猫
雪の夜の出来事
夜来狂一の夜
濁閑秘話
夜の随想

・・・etc.

型番 mashiko
販売価格
1,500円(内税)
購入数