人形嫌い

【著者】吉原幸子(装幀/倉本政典)

【発行】思潮社

【発行年】1976年初版

【本の状態】
帯付(帯の端の一部にヤブレ箇所あり)。
全体的に経年に伴うヤケ・スレ・カバー天地のヨレなど
傷みがありますが、落丁・ヤブレ等はなく状態は良好です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【その他】絶版
「幼い頃から、私は人形遊びをしたことがない。
動物ならまだしも、あの女の子の姿をした
人形を女の子が勿体らいい老けた表情で
抱いている光景は、何かグロテスクで近寄り難かった。」

惚れっぽくてクソまじめ人間でもある著者が、
その幼年期を容赦なく解剖し、
読書や童唄や処女詩集などについて語り、
酒や友だちにからみ、多くの詩人や詩をめぐって
シャープな視点を展開する初エッセイ集。
(帯紹介文より抜粋。)

+もくじ+
私の中の幼年/人形嫌い/初めての詩集
沈黙のことば/ニッコリ笑って人殺し
彼の孤独―谷川俊太郎
コックリさん、来ましたか?-吉増剛造
錯覚への意志―立原えりか
キザとケンカ―草野心平
酒とことばと数学と
etc・・・

型番 mashiko
販売価格
800円(内税)
購入数