美しい暮しの手帖 12 


【発行】暮しの手帖社

【発行年】昭和32年9版

【本の状態やや難あり
全体的に経年に伴うスレ、ヤケ、背剥がれ、
角折れ、一部中割れなど傷みが見られます。
一部ページや小口に小さい濡れシミが見られます。
ページ内は大きなヤブレなどはなく、読むのに問題のない状態です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【その他】
「これは あなたの手帖です
いろいろのことが ここには書きつけてある
この中の どれか 一つ二つは
すぐ今日 あなたの暮しに役立ち
せめて どれか もう一つ二つは
すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで
いつか あなたの暮し方を変えてしまう
そんなふうな
これは あなたの暮しの手帖です」

今見ても新鮮で美しい表紙・装画は花森安治、編集及発行者は大橋鎭子によるもの。

*目次抜粋*
涼しい感覚
流行を批判する(花森安治)
手軽な洋服吊り
風呂敷で作るバッグ
サラダの研究(小川順)
てのひらの上の金閣寺
フルーツゼリー(門倉國輝)
ぬいとりの花(武井孝子)
丸太の家(大熊喜英)
四つのみじかいお話(町田仁・藤城清治)
夏山の思ひ出(黒田初子)
あちらの暮し(瀧澤敬一)
続服飾の読本(花森安治)
ノルマンデーの漁家(鍋井克之)
夏はパンチ(門倉國輝)
明治の女(細川道子)
十七人のドイツ娘(中村芳生)
ぶっく・がいど(古谷綱正)
ビールの肴(中村光子)
etc...

型番 mashiko
販売価格
2,000円(内税)
購入数