美しい暮しの手帖 20 (一世紀)


【発行】暮しの手帖社

【発行年】昭和32年6版

【本の状態やや難あり
全体的に経年に伴うスレ、ヤケ、背剥がれ、
角折れ、一部中割れなど傷みが見られます。
一部ページや小口に小さい濡れシミが見られます。
ページ内は大きなヤブレなどはなく、読むのに問題のない状態です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【その他】
「これは あなたの手帖です
いろいろのことが ここには書きつけてある
この中の どれか 一つ二つは
すぐ今日 あなたの暮しに役立ち
せめて どれか もう一つ二つは
すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで
いつか あなたの暮し方を変えてしまう
そんなふうな
これは あなたの暮しの手帖です」

今見ても新鮮で美しい表紙・装画は花森安治、編集及発行者は大橋鎭子によるもの。

*目次抜粋*
巴里のお惣菜(サト・ナガセ)
ピラフ(千葉千代吉)
ドーナツの作り方(古瀬一男)
これなら私にも作れる 新しい家具(堀川あき子)
木彫りのスプーンとフォーク
セメントの使い方(水澤文治郎)
ワイシャツの上手な仕上げ(白洋舎)
子と仕事と暮しと(高橋静)
北の涯ふるさとの風は(ヘレン・K・ニイルセン)
不思議なお菓子(富本一枝・藤城清治)
日本の男の夏服をどうすればよいか
(澁澤秀雄・田中千代・戸塚文子・小堀杏奴・杉野芳子ほか)
トーストとコーヒー(内村祐介)
北欧の食卓(織田幹雄)
素晴しき夫(森ゆう子)
花とフラスコ(久米麗子)
エチケットだおれ(澤田廉三)
貧乏の辯(瀧澤敬一)
家のある風景(清水一)
台所について(浦松佐美太郎・花森安治)
etc...

型番 mashiko
販売価格
2,000円(内税)
購入数