マイクック No.379 (1966年7月号)

【発行】日本割烹学校出版局

【発行年】昭和41年発行

【本の状態】
紙魚、ヨレ・スレ傷・ヤケ・角折れなど
全体的に経年に伴う傷みが目立ちます。
中身に目立った汚れ、落丁はなく読むには問題のない状態です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【その他】
辻徳光さんが設立した日本割烹学校の機関誌「マイクック」。
書店で求めた主婦たち、そして料理人を目指し
日本割烹学校に通う生徒さん達にも読まれていた雑誌です。
毎日の献立作りに役立つレシピはもちろん、
星新一、寺山修司らが寄稿していた読みものも
ご婦人の心をくすぐる充実ぶり!

ダイナミックで印象的な題字は
佐野繁次郎氏によるものです。

::目次::
■特集/美しさを保つサラダ料理
サラダを和風に…辻徳光
ロシアのサラダ…長屋美代
フランスのサラダ…辻勝子
肉を入れたサラダ…岡本清孝
サラダをフルーツで・・・野並富子
たっぷりと野菜サラダを…黒田初子
サラダをいっぱい召し上れ…桜井礼子
マヨネーズソースとフレンチドレッシング…編集部
今月のおかず<7月>…辻千代子
■共ばたらき夫婦論
わたしたち結婚したばかりです…山本耕一/小林千登勢
体験的My Cooking論…中村武志
■ボン・ジュール!
スキヤキが楽しみの来日…ミルバ
■お菓子をつくりましょう
冷たく、おいしく…市川季代子
■味あちらこちら
お台所をたずねて(3)真鍋博さん宅
世界のヤングレディたち(3) 太平洋の楽園ハワイに遊ぶ
わが家の味…司葉子
■辻勲の人生味覚対談20
「大阪野郎」の面白さを分析する…(お客さま)藤本義一
■料理を科学する
てんぷらの油の温度と火加減の問題…辻勲
■連載読切小説・随想
小説«味の極致»…星新一
小説«女のいる時間»…田辺聖子
随想【お菓子をたずねてぁ曄銚幼擁源
器の話<萩やき>生活のなかの美…沢野井信夫
現代奥様の台所胸算用…辻勲
マンガ<おネギちゃん>…佃公彦
七月の詩・空の何処かに隠れていく…文・吉行理恵
今月の手芸「エプロンのししゅう」
週刊ホームクッキングコーナー

・・・etc.


型番 mashiko
販売価格
800円(内税)
購入数