ビリチスの官能の歌


【著者】栗田勇(表紙・挿画/宇野亜喜良)

【発行】新書館

【発行年】1968年初版

【本の状態】
経年に伴い表紙にスレ、キズ、表紙端のヨレがございます。
一部ページに紙魚汚れが見られます。
落丁などはなく読むのに問題のない状態です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

【その他】絶版
「わたしの顔を水仙の花の冠でふちどって
わたしの肌にサフランの香油を塗りこめ
横笛の音を味わいながら
ゆたかに熟れたミチレーヌに
吐息を濡らして
さあ いまはわたしを遊び女の艶ごとに
―フィロデーム」

快楽の島レスボスでの悩ましい思い出を捨てて、
一人旅に出たビリチス。
そして辿りついた島、キプルでの驚くべき官能の世界。
本篇ではビリチスの死が訪れるまでの爛熟した後半生の
愛の生活が美しくうたわれています。

細部に到るまでとことん美しく作られた
レディーのためのお洒落なシリーズの一冊です。


型番 mashiko
販売価格
2,000円(内税)
購入数