三十六人の好色家―性研究家列伝―


【著者】斎藤昌三

【発行】創藝

【発行年】昭和31社年

【本の状態】やや難あり
経年に伴う表紙のスレ傷、カバー端のヨレや
小ヤブレ、紙魚・汚れが見られます。
中身に落丁などはなく、読むのに問題ない状態です。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

【その他】絶版
「こういう本が出版できるようになるまでには
長い歴史が経ってします。
当局の弾圧と検閲の無理解と戦いつつ、
人生の大問題、性慾の秘密を追求し、
楽しんだり、傷ついたりして
生きて来た人々。
風変りな三十六人の性の殉教者たちの物語りです。」

好色道の研究に生涯をかけて打ち込んでいた著者により、
近世から現代の色道の達人たちの
行跡を赤裸々に描いた一冊です。

+もくじ+
宮武外骨―文化勲章に値する
小倉清三郎―性哲学者としての一人者
北野博美―性研究陰の元祖
村山愧太―無邪気な芸術家
梅原北明―猥出版の横綱
長尾桃郎―風俗出版の蒐集家
岩田準一―男色研究二十年
平井利市―陰毛研究三十年
本牧お浜―世界的な色餓
湯浅真沙子―肉体謳歌の半生
・・・etc.




型番 mashiko
販売価格
1,500円(内税)
購入数