天上の愛

【著者】黒田詞博(絵/やなせ・たかし)

【発行】サンリオ

【発行年】1976年

【本の状態】
一部ページに鉛筆での書き込みがあります。
経年に伴うスレ・ヤケ、カバー端のヨレや
カバーの汚れ、紙魚汚れなどございますが、
落丁・ヤブレ等なく読むのに問題はありません。
※商品状態につきまして気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

【その他】絶版
「僕は早死にしそうな気がします。
何かの力が 僕の心を動かしているのです
その何かのせいで
僕は 僕の使命を果したら
天へかえらなければ ならないのです。
地上での死を終えて
天上の生へ 一歩 進級するのです。
僕にとっての死は 単なる肉体の死であって
魂の出発
新しいものへの 出発なのです。
ですから 死は 怖くありません」

暗示的な詩を残し、若くして観音崎にて
事故死した黒田詞博さん。
『詩とメルヘン』の読者で多くの詩を残し、
死後に知人のつながりでやなせ先生の元へと
彼の詩が届けられました。
やなせ先生の亡き弟の名前と通じる部分があるということなど
不思議なつながりを感じた先生が、
挿絵を沿え発行された遺稿集です。

どんな詩であっても、その人の心が燃焼している限り、
かならず他人の心に響く・・・
やなせたかしさんの心を震わせた
黒田君の繊細で瑞々しい言葉の数々を味わってみてください。

型番 mashiko
販売価格
1,000円(内税)
購入数